シェアしてくださいね↓
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 先輩たちも張り切って!!

  去る12月8日(木)は東京延友会にとっても記念すべき日となった。
  延岡高校、現2年生の修学旅行の機会に生徒たち自らが描く将来の職業像、そのため学校
選びは・・、ということを考えるために先輩の働く職場を訪ね、世の中動きや仕事あり方
学ぶことを試みよう、と佐藤則夫校長と話し合ってきた。
構想を伝え生徒を引き受けてくれる先輩探しから始め、半年前くらいにやっと8人協力
ることが出来た。その8人の先輩は以下の通りである。
*氏名敬称略、五十音順、かっこ内は訪問企業
  鎌田  正彦  (SBSホールディングス)
  木佐貫 奈央  (NTTデータ)
  黒木  重昭  (小学館)
  小林  純子  (設計事務所ゴンドラ)
  佐藤  純二  (農林中央金庫)
  竹下  知代美 (楽天)
  竹下  晴子  (総務省)
  年吉  洋   (東京大学先端研)
 あらためてこうして眺めてみると案外バランスの取れた訪問先となっている。
つまり、延岡高校出身者は各方面で活躍し、人材に恵まれているということにもなるのだろう。
さて、当日128日である。
 生徒たちはそれぞれ相談の上、10人くらいの班を編制して宿泊の浅草ビューホテルから訪問
へと向かった。初めての東京、しかも出勤で混み合う地下鉄、JRなどを乗り継いで先輩の
と向かう。10時くらいに到着する後輩を待つ先輩たちも、ちゃんと到着するかなあと気
もみ、どきどきしながら待っている。小林純子さんは待ち合わせを東京駅にした。自分が設計
し施工の指導をした大丸デパートの使いやすくきれいなトイレを見学。そのあと春日にあるオ
ィスまで案内したとのこと。いずれ先輩も後輩たちのために心を砕いて見学の準備をして
いた。鎌田正彦さんのオフィスは錦糸町。完成した東京スカイツリーの下まで生徒たちが歩け
る見学も準備していたようだった。
  お昼近くまでの見学、先輩との交流は2時間くらいの短いものであったが、いずれも密度の
ものであったようだ。東京大学を訪ねたグループは年吉教授との交流を終えたあと、学食
お昼を食べ生協で東大のロゴ入りグッズなども買った上に、年吉さんからお土産ももらって
帰って行ったということである。農林中金ではマッカーサーの執務室だった部屋見学、1
円のも見せてもらったらしい。総務省訪問グループは国会議事堂周辺の主要官庁を見学、
国会開催中の議事堂を訪ねたあと、国家公務員の果たす役割をじっくりと聞くことが出来たと
いう。NTTデータの木佐貫さんは東京を一望出来るスペースに案内して、自分の仕事や学生
時代の大なことなどもかたりあったのだそうだ。
  先輩たちからの報告が寄せられているが、いずれのグループも大変礼儀正しかったという
書かれている。また、生徒たちは非常に純粋で目がきらきらと輝いていて、先輩自身いろ
いろ刺激を受けたという報告で埋め尽くされている。 今回の先輩訪問はほんの小さな試みで
はあっが、双方に多くの実りを残してくれたのではないだろうか。
  さっそく、学校からはていねいなお礼が届き、この成果を来年に繋げられるようにとの希望
えられていた。東京にいて私たちが母校、そして後輩に尽くしてあげられるささやかな行為
あったが満足感に満たされてこのレポートを書くことにした。
来年、この企画に賛同してくれる先輩諸氏の申し出をお待ちする次第である。

 

                          1222日 東京延友会 黒木重昭

	                    
	                

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

最近の記事

過去の記事