シェアしてくださいね↓
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
 次回の勉強会を下記のとおり開講しますので、ご出席くださいますようご案内
いたします。前回に続き「西南戦争と延岡」の後半になります。

              記
   日 時  2012年12月8日(土) 13時20分 集合
   会 場  明治大学 研究棟 2階 第9教室
        教室が分かり難いので、リバティータワー1階の
        エレベーターホールに13時20分までにお集まりください。
        教室へ案内します。
   講 師  明治大学文学部教授 落合弘樹先生
   会 費  800円

 ● 講義終了後、みなさんとの意見交換会を予定しました。この会も8回になりました。
   ぜひ、ご意見、ご要望をお聞かせください。
   興味の度合いは、面白いですか。マンネリ化していないでしょうか。
   ご不満はありませんか。この会をどのように発展させたらよいでしょうか。
   ご遠慮なくどうぞ。
お問い合わせ / 各学年幹事、または 長友 090-3875-8183 まで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第7回の勉強会は、2012年10月13日(土)13時30分~に開講されました。
場 所  明治大学 リバティータワー9階 1096番教室
講 師  明治大学文学部教授 落合弘樹先生
会 費  800円
「西南戦争と延岡」 前半
明治新政府のもと、なぜ起きたのか、旧延岡藩は薩摩側に追随したのか、亮天社の若き
学徒たちは、熊本総攻撃から敗走する西郷は延岡に向かう。
細島に上陸した5万の官軍が延岡に攻め込もうとしているとき、延岡に駐留する薩軍の
指揮官に、町中が火の海になるのを阻止しようと懇願した先人がおられた。
薩軍は町民に世話になったことに感謝し、町を救い、町民を助けると言って無鹿方面に
移動する。2日後の8月15日に薩軍3,500人が和田越えに集結し戦闘が始まった。

	                    
	                

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

最近の記事

過去の記事